疲れを感じない体質が果たして良いことなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は仕事をしながら、何かをしながら、気づくと数時間たっていることがあります。

 

集中しているときは全く疲労を感じず、パソコンの前に10時間以上いて、それが何日も続いても平気だったりします。
パソコンのみならず、他のことでも同様です。

 

そりゃ20歳前後と比べれば全く体力違いますから、疲れは感じます。
しかし、それでも無理して走れてしまうことがあります。

 

気づくとオーバーヒートしている自分に気づかないことがたまにあります。

 

「なんか疲れてるな?なんでだ?」
原因に気づくまでにちょっと時間がかかることもあります。

 

疲れを感じ取り、その原因を分かること。
これが無ければ人間が壊れてしまいます。

 

今日も一つありました。
疲れて当たり前なのに、自覚が無く続けてやったらもっとつかれました。
当然、最後はエネルギー切れ、仕事が出来たようで出来てませんでした。

 

仕事をやり終えて休もうとせずに、初めから最後まで主と共に行ない、
過程の中で時折休みながら、主と対話して行なおう。
2011年9月18日 主日の御言葉の主題

 

そう、オーバーヒートしているときの共通点は、主を呼んでいるようで呼んでいないんです。
私は。
だから結局、何かしら出来ていないことがあります。

 

休まなきゃいけないときに休んでいないことがあります。

 

ぎゃー。
これはまずいです。

 

集中して疲れを感じないことは時には良いかもしれませんが
オーバーヒートの時にも主を呼べるようになりたい。
全く呼ばないわけではないけれど、100%ではない。

 

私がオーバーヒートになっても
主は隣に必ずいらっしゃるのにね。
呼ばないと。
私のほうから返事しないと。

 

頑張った自分にも、時にはご褒美。
主が私にしてくださろうとしているとおもって。
きっと主は、私の隣でいつも笑顔で共にしてくださっている。

 

「早く気づかないかな。まだ気づかないかな。」

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 日焼け201606043
  2. セミの幼虫くらいでも動けば死を免れることが出来る。失敗したければ信じるだけにして、成功したければ・・・
  3. 無知は自分に苦痛と害を与える 鄭明析牧師の箴言
PAGE TOP