教会のコロナ感染対策は厳しくて感謝!

教会 コロナ感染対策

キリスト教福音宣教会は去年2月より、コロナ感染拡大防止のため、大規模なイベントは全て中止。原則オンライン礼拝にて過ごしていました。

私も教会に去年2月から今まで、一度も行っていません。この1年半で直接会った教会の人は、たった2人だけ。その2人(夫婦)は遠方に引っ越してしまうとのことで会いました。会ったといっても20分くらい。もちろん食事もお茶も無し。

そのような状況でしたが、ソーシャルディスタンスは必須として教会で礼拝を守れるように徐々になっていく方向です。これはキリスト教福音宣教会の教会がある地域にもよって「いつから」というのは異なりますし、今後の感染拡大状況によっては方針変更の可能性ありです。

それでは、私が行ってる教会のことをご紹介しましょう。

うちの教会には最大500人入るのですが、その10分の1の約50人が礼拝に参加可能となります。つまりまだ大半の人は教会にいけないわけです。その50人は固定ではなく、全員が交代でいけるように手配してくださってるので、いずれは皆、行けるようになると思います。(今週はAチーム、来週はBチーム、再来週はCチームみたいな形です。)

礼拝に参加する人も「マスク常時着用、アルコール消毒必須、検温必須」「前後左右2mのソーシャルディスタンスを守ること」「礼拝後に食事等はしない」などなど決まりごとがあります。

「2~3人で30分集まるぐらい大丈夫っしょ」って思ったら即NG出た
引用:|キリスト教福音宣教会: 音の花束 from CGM

という話もあります。牧師さんに言われたそうですが、なんてかっこいい。即判断、即対応、素晴らしいですっ。


素敵ですね!

私は子供に接するという職業柄からも、また持病の喘息があることからも、コロナの感染には敏感です。教会はかなり徹底して対策してくださってるので、とてもありがたいです。ちなみに私が教会に行くのはおそらく2か月後くらいになる気がします(笑)順番が回ってくるのがそのくらいになるのではとおもっています。その頃には私自身のワクチン接種も終わっていることを祈っております。

今週の御言葉は「自ら気をつけなさい」でした。私も今までコロナから守ってくださったことに感謝しつつ、いつ自分が感染者になるか分からないので、最後まで自ら気を付けていきたいと思います。

最後になりますが、ワクチン接種で奔走してくださってる全ての皆様、医療従事者とその関係者の皆様、コロナに感染して苦しんでる方々とそのご家族の為、経済で苦しみを受けている方々のために心からお祈りします。コロナ感染で亡くなられた方の霊魂が、霊界でより良い世界に行けるように、ご遺族の皆様の心が少しでも癒されるようにお祈りします。

あわせて読みたい
【CGM牧師】お祈り動画ーコロナで苦しみを感じている方のための祈り じゅな牧師Channel YouTube(キリスト教福音宣教会)に、お祈り動画が新たにアップされました! ・コロナが早く終息するように ・コロナで命を落とした方の霊魂の為のお...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる