「いつも泣いて人生を悲しんで嘆いていた。みんなが私を避けた。」鄭明析牧師

泣くからと言って、泣くことで終わってしまうのではなく、いつかその人が笑うようにもなるという事です。皆さんが悲しんでいるからといって、悲しみで終わってしまうのではありません。ある人が苦しんでいるからと言って、いつも苦しみで終わってしまうのではありません。だから苦しんでいる人がいたら、その人の友達になってあげ、悲しんでいる人がいたら、友達になってあげなければなりません。泣く人はずっと泣くのではないから、一緒に慰めてあげなければなりません。

ある人は悲しんでいる人のことを避けます。心配をしている人のことを避けます。ため息をついて涙を流している人の事を避けます。

私も昔はいつも泣いて、人生を悲しんで嘆いてばかりいましたが、その時はみんなが私を避けました。自分たちは笑っているのに私が泣いているという事で避けたのです。自分たちは遊んでいるのにわたしは泣いて断食をしていたから避けたのです。苦しくて、自殺をしようとしたし、世の中を捨てたので、誰も私に近寄って来ませんでした。

しかし、うちの母は、「どうして死のうとするのか。死んではいけない。私がお前を生んで育てたのに、どうして死のうとするのか。お前が死んだら私も一緒に死のう。」と言ったので、死にませんでした。自分だけが死ねばいいんですが、母まで殺すことになってはいけないからです。あの時は人生に何の希望もなくて死のうとしましたが、私が死んだら母が一緒に死ぬといったので死にませんでした。

またある時はイエス様が死ぬなとおっしゃいました。「どうして死のうとするのか。」私が何回も自殺しようとしましたが、そのたびにイエス様が幻で現れて止めました。「勇気を出しなさい。どうして死のうとするのか。」とおっしゃいました。「こんな状況なのに、どうして死なないでいられますか。苦しすぎます。」と言ったら、イエス様が私を支えて下さいました。「私があなたを支えてあげている。私があなたの問題を解決してあげよう。」とおっしゃったので、死なないで済みました。イエス様が私を支えて下さり、育てて下さった代価として、今私は、イエス様の願いである福音を広げているんです。だから私も笑って喜ぶ人より、悲しんでいる人にもっと時間をたくさん与えています。

今日も早くから来ようとしましたが、困難にぶつかっている弟子達に会って話をしているうちに遅くなりました。私は宴会よりは、葬式の家に先に行きます。そうしなかったなら、私達の教会がこんなに大きくならなかったでしょう。悲しんでいる人、苦しんでいる人、眠れない人のために時間を出していると、多くの時間がかかります。

イエス様も99匹の羊を置いておいて、失われた1匹の羊を捜すために山に行かれました。私がたくさん悲しんだし、人生の苦しみをたくさん経験した事があるので、艱難にぶつかって苦しみを受け、困っている人達の事をみんな理解できるし、彼らを先に認めてあげ、彼らの心を癒してあげてから、残りの時間に来て、述べ伝えて、話をしているんです。

 
2002年7月7日 鄭明析牧師

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住
保育事業代表、保育士資格所持

高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験
祖父、叔父はお坊さん

【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん、羽生結弦、宇野昌磨、浅田真央、鈴木明子、宮原知子、紀平梨花
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート

【NEW漫画公開中!】大切な人の為、命を差し出すことが出来るか?ーチキュリア

画像
目次
閉じる