心情の燃える瞬間 出会いと別れー詩

「心情の燃える瞬間」(副題:出会いと別れ)

夜も昼も
窓の外を見ながら、天を見ながら
千年も心をハラハラさせ
待っていた主よ。

ああ、やきもき待っていたあの時より
もっとやきもきし、気持ちが沈む瞬間だ。

主と別れるから
主を見送らなければならないこの瞬間、
主を待っていた時のその心よりも
もっと苦しくつらいものです。

あの天の主はこんなに長く長く待っていて
こんなに短く迎え
またこの様に見送るべきでしょうか。

行ったらまた来るとおっしゃる
主の最後のその一言だけが
ただ私の希望であり、
やきもきするこの心を
水をまいて消してくれるのみです。

さようなら。

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる