数ヶ月、摂理の御言葉を否定してみた

こんにちは、モンタです。
今回はYoutubeでよくある、実際にやってみたシリーズです。

タイトルの通り、数ヶ月御言葉を否定しながら聞いていた時期があります。

礼拝に行くようになってから半年程たったある日、ふと気づいてしまったのです。
「あれ、ここ宗教じゃない!?」
(いやいや、遅すぎだろ..苦笑)

あれだけ賛美して御言葉聞いて祈っておいて…半年後なの…
と、今思い返すと非常に残念な感じですが、事実なので仕方がないですw

宗教だと気付いてからは様々なことが頭によぎりました。
・親に宗教気を付けろって言われてたやつやん
・マインドコントロール
・壺買わされる…?(アホな思考回路w)、などなど
(なぜ摂理の報道を見たときに、にこの考えに至らなかったんだろうw)

そこから御言葉をいくら聞いても頭に入ってこず、出てくる言葉や表現を聞く度に騙そうとしているとしか思えなくなりました。

けれど、周りの人たちは良い人たちばかりだし、みんなとバレーしたいし、ふむ。と悩んだ結果、まだ結論を出すのは早いなと思い、御言葉を全部否定してみて、本当に自分を騙そうとしているなら出て行こうと考えたのです(聖霊様の感動ですね、確実に)

こうして御言葉を否定する日々がスタート。
聞いていくと、
・あぁそういう言い方すると喜ぶよね
・うまいなぁその表現
などを思いながら聞くようになりました。

そうやって数ヶ月聞いていると、ある感情が生まれてきました。

「疲れたな…」

そう、否定するの疲れるんです。

1度の講義や御言葉で全部が話される訳ではないので、頑張って揚げ足を取ろうと思えばいくらでも取れるのですが、別の御言葉でその矛盾点が解かれる。その繰り返しでした。
自分が御言葉を否定した点は全て御言葉によって答えが出ました。もちろん分からない部分はありましたが、それは矛盾というよりは謎であって否定できるものではなく(例えば、空から降ってくるマナって何?とか)。きちんと謎と矛盾点を割いて見るとやはり全ての矛盾点は解かれ、否定しきれませんでした。

そしてある結論に辿りつきます。
「神様、観念します。御言葉、否定しきれませんでした。信じます。」と。

何か物凄い聖霊の感動があったり、御言葉で答えが来たという訳ではなく、神様との根比べに負けた、そんな感じです。

否定を止めてからは徐々に信仰が芽生え始め、後に神様の偉大なる愛を悟り、先生にどれだけ愛されていたのかということを悟り、何より摂理で走ることが楽しかったですw

ただ、否定していた日々はマイナスなことばかりではなく、
走りながらふと本当にこの道でいいのか、先生に着いていって本当に大丈夫なのか、と瞬間負の感情がよぎる時、
「あれだけ否定しても否定しきれなかったんだから、大丈夫」
と、自分を引き戻す材料になっています。

話ちょっと変わりますが、数学で公式ってあるじゃないですか。
自分は公式を丸暗記することがめちゃくちゃ苦手で、1度自分で公式を証明してみないと使うことができない性格だったことを思い出し、摂理でもそうだったんだなと、いま振り返ってみて思います。(めんどくさい性格)

神様からすると、とても扱いづらい子だったと思いますが(汗)、忍耐しながら今まで導いてくださったことに感謝が絶えません。
神様、感謝します!(そして悔い改めます)

ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP