摂理の問題 -御言葉と聖書

摂理で問題にぶつからないわけがない。
「とりあえず行けば、そこは天国さ!」
ブー。
確かに正確良い人多いし、御言葉あふれてるし、主の愛があふれてるし
そりゃ、天国か地獄かと言われたら天国です。
でも、なんにもしないで天国になれたらこんなに苦労してません。シクシク。

人を躓かせることもたくさんやったし
人に躓くこともたくさんあったし
苦労もあったし
もがきもあったし
悲しいこともあったし
嬉しいこともあったし
知らない間に自分が傷を受けてることもあったし
知らない間に人を傷つけてることもあったし
御言葉が受け入れられないこともあったし
御言葉を全力で受け入れて、もっと聞きたいと思うこともあったし
問題が無かった年なんて一度も無い。

今年だって色々あった。
ブログに書いてることも書いてないこともたくさんあった。
私に直接聞きに来てくれれば全て話しますから、
お時間ある方はどうぞ筑波教会へ(笑)
まあとにかく、問題なんてどこに行ったってある。

しっかし私が確信してる一つのこと。
「御言葉&聖書が全ての問題をといてくれる」
ということ。

聖書

最初から盲目的な確信じゃなくて、実体験。
一度じゃ無い。二度でも無い。三度でも無い。数えきれないほどの実体験。
聖書は言い換えれば御言葉を集めたもの。
毎週、主日の聖句は当然聖書から選ばれて、それを元に伝えられる。
時には、「今週の聖句は創世記から黙示録まで全て」なんて時も、この20年弱の摂理生活で3度ほどあったような(笑)
でも毎週違う聖句が基本的に続くし
全く同じ聖句を使うというのは、同じくこの20年弱で多くて10回もいかないんじゃないかな。本当に滅多に無いこと。
クリスマスはよくイエス様の誕生シーンは使われるけどね。

話を戻しますと、摂理で問題が起きても、必ず御言葉と聖書でとかれるという確信は本当にある。
でも問題起きると、大体気分がのらないし
なんとなく御言葉と聖書から離れ、なんとなく目をそらして生きる私がいる。
それでも、神様が私を引っ張ってくださって
なんとか御言葉を一度、若干嫌々だったとしても読み返すと(主よ、すみません)
やっぱり問題はそこでとかれる。
いくらテレビを見ても、何をしても、一瞬癒されるような気はするけれど
でも根本解決はやっぱり御言葉と聖書。これしか有り得ない。

根本から問題がとかれると、一気にHappyになるけど
問題がとかれないといつまでーも堂々巡り。
結局何ら変わらない。
この時代には<永遠でいらっしゃる神様と御子がくださるこの時代の御言葉>
で生きることより「人間としてもっと大きい生」はない。
摂理の鄭明析牧師 明け方の御言葉より

アーメン。御言葉が全ての元であり、私の人生そのものです。

神様、今年も御言葉で私に答えを与えてくださり感謝します。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。主よー。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる