アメリカ摂理-NY教会 聖書と現実( パトリックさん)

摂理 キリスト教福音宣教会 ニューヨーク ウォーズ教会のパトリックさんは、元々クリスチャンでした。

 

聖書の中にはたくさんの奇跡の話があります。

それに対しては
摂理の講義で(NYウォーズ教会 パトリックさん) (1)

摂理の講義で(NYウォーズ教会 パトリックさん) (2)

摂理の講義で(NYウォーズ教会 パトリックさん) (3)

摂理の講義で(NYウォーズ教会 パトリックさん) (4)

聖書と現実がかけ離れていたので、聖書と今のこの現実とは別物だと考えていたそうです。

そして、大学に入ってからクリスチャンの観点に問題があると考え始めました。

パトリックさん自身、イエス様を愛しているのに、現実的と照らし合わせるとキリスト教の教理が正しいと主張できなかった・・・。
そんなときに摂理の御言葉に出会いました。

パトリックさんが御言葉を聞いて、どのように思ったのでしょうか?
続きは映像をご覧ください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる