心と思いと命を尽くした生とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖書に

イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。 」
マタイによる福音書22章 37節

とあります。
とても有名な聖句です。

 

人生なんでも、心と精神と思いを尽くすことができたら、なんでも成功できそうです。
でも、心と思いを尽くすってどの程度のことなのでしょう?
私は心と思いを尽くしてるのかな?

 

鄭明析牧師も
「私も時には分からなくなりました。どこまで生きたら心と思いと命を尽くしたことなのか」
といいながら御言葉で話してくださいました(^^)

私はこの御言葉を聞いて心が軽くなりました。
真実を知ると何でも重かった荷物のようなものが取り払われて自由になりますね!

 

関連記事:神様が守ってくださるしるし-白紙小切手

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。
ですが、主と共に生きるのでお二人様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. パラオ
  2. 201406月明洞薬水
PAGE TOP