【漫画】命まで差し出すことが出来るか?-チキュリア

「愛する人のために、命まで差し出すことができるだろうか?」
というセリフから始まる漫画チキュリアが公開されました!

画像

<漫画チキュリアあらすじ>
あるところにエルデン王国という平和な国があった。国を治めているのはゴディ王。民から愛されている王だった。ゴディ王は、国をより良く治めるために分割し、南部のチキュリアを息子の王子アスカルに任せることにしていた。しかし王子はまだ7歳。王子が大人になったときにすぐに任せられるよう、今のうちから国を独立させることにした。

王子アスカルが成人するまでは、信頼のおけるルグロ兵団長にチキュリア統治役を任せた。
「国の半分を治めてくれないか?」
ルグロ兵団長は驚きつつも承諾し、チキュリアを立派に治めた。

時は過ぎ、ついに王子アスカルが成人を迎えることに。チキュリアの王となるべく、即位式が行われることになった。

しかし、ルグロ兵団長は今まで任されてきたチキュリアを、王子アスカルに譲り渡すことに、迷いが生じていた…。

作者はリケジョのMiKちゃん。私とは猫友達です←

大阪大学大学院博士課程の時に御言葉に出会う。

ガチガチのリケジョで「目に見えないものは信じない!」というところから大転換し、神様を信じ愛するように。
学生時代はDNAとか遺伝子とか研究していて、その辺にはかなり詳しく、博士号も持っている(理学博士)。
現在は製薬系の企業に勤める。

高校の時から本気で漫画家を目指し始め、週刊少年ジャンプの月例賞に応募して特別賞を受賞。

大学に進学後も勉強と研究の傍ら漫画を描き続けていたが、そんな中で神様に出会うことに。
引用自己紹介より

そんなわけでガチガチのリケジョ、博士。そして元は漫画家を目指していたという異色の経歴。

MiKちゃんは

「教会に来てからも漫画を描きたかったけれども、これは神様の計画ではないのでは」

と思うことが多かったのだそうです。

漫画(特に少年漫画)は、私が御言葉聞く前にめちゃめちゃ研究して努力して極めてきた分野なのですが(漫画家目指してたので)、神様信じるようになってからは完全に描くのをやめていました。
引用:「チキュリア」あとがき

そのあと、御言葉をきっかけに、今年の夏に漫画を描き始めるように。

とある集まりがあり(※コロナなのでウェブ開催)、そこである牧師さんがおっしゃいました。
「自分の好きなこと、やりたいことを、はやくやってください」

え、まじですか?
やっていいですか。
それならやっちゃいますよ!!
引用:「チキュリア」あとがき

 

漫画を描き始めた当時、私もMiKちゃんとやり取りしてました。

突然、相談したいことがあるといわれ、この漫画のことでした。
「やっていいんですかねえ?」
と聞かれたので
「好きでやりたいなら、自由にやったらいいよ!
ご飯食べて睡眠はしっかりとろうね。」
という返事をしました(笑)

 

そして仕上がったチキュリアを見たら。

今までと全然違うじゃないですか。

絵がとっても生き生きしてる!!勢いがある!!
画像
出典:チキュリア(出典についてMiK承諾済)

 

とにかく、神様の中で思いっきり漫画描けるのが、もう、めっちゃくちゃ楽しくて幸せでした!!!笑笑笑
引用:「チキュリア」あとがき

好きなものを自由に、神様と共にやるって見てる方も力受けますね!

 


という感想もあったチキュリア、ぜひご覧ください!

↓↓↓
画像クリックすれば飛べます。
画像

記事内の画像は、全てMiKちゃんの許可を得て使用しています。無断使用はご遠慮ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる