月明洞の敷居岩に百合が咲きました


月明洞の敷居岩のところに

このような綺麗な百合が咲きましたエリザベス
http://god21.net/Square/News/Main/View/29113?page=
にありましたが、まるで「女王のよう」ですね!

この百合を見ると、聖霊様の暖かさ、優しさを感じます。
そして強さを感じます。
この花の綺麗さを見ると、直接育てて管理した人の真心を感じます。

目次

女性のような「智」と「美」を醸し出すユリの香り

にあるように、百合の栽培と管理は簡単ではないそうです。
いつも月明洞でボランティアをされてる方々、本当にお疲れ様です^^
ところで。この百合ですが。

『受胎告知』サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli, 1445 – 1510年)
(http://br.wikipedia.org/wiki/Degemenn)


↑この受胎告知の絵にも実は百合があります。

↑あら、天使が百合を持ってきていますね。
このような宗教画には
書かなければいけないモチーフと、書いてはいけないモチーフが決まっているそうで
百合は聖母マリアの純潔さを象徴するものという意味合いで書かれているそうです。

↑こちらは
『受胎告知』レオナルド・ダ・ビンチ
(ウィキペディアより転載)

↑確かに持ってますね!
私も百合のように美しく強くありたいエリザベス

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる