月明洞便り 明け方から夕暮れまで 2015年5月20日

月明洞

美しい本日の月明洞の景色、明け方から夕暮れまでご覧ください♪ りえさんが撮影して送ってくれました(^^)

月明洞 太陽 月明洞 テドゥン山 月明洞 道 月明洞 八角亭

これだけ美しい月明洞ですが、以前は草がはえる鬱蒼とした場所でした。 鄭明析牧師は、この場所を以前は必要だとは感じていなかったと言います。 今週の主日の御言葉ではこのような話が出ました。

目次

どんなことをするにしても、「そのことの必要性」を感じることが本当に重要です

月明洞自然聖殿芝生

私も<月明洞>がどれほど必要なのか「必要性」を本当に分かったなら、坪当たり3000ウォン(日本円で約300円)のとき土地を全部買ったでしょう。 しかしそのとき月明洞がどれほど貴重なのか「必要性」を感じられなかったので、「ほかの所の土地」を探し回っていました。 そうしていて聖三位が感動をくださり、あとになって「月明洞の必要性」を悟って、土地が安い時に買えなかったことを後悔して、地価が上がった時に2倍から10倍ももっと払って、心情をやきもきしながら土地を買い始めました。 15年かけて買いました。

そして月明洞を開発し始めました。 月明洞の地価が安かった時、ただちに「必要性」を感じたなら、一日で全部買ったでしょう。 そのとき「必要性」を感じられなかったので、あとで後悔し、気をもみ、心情をやきもきして、遅ればせながら行なったのです。

だから人はいくら貴重なものでも、祝福でも、<必要性>を感じてはじめて行ないます。 だからどんなことをするにしても、「そのことの必要性」を感じることが本当に重要です。

– 2015年5月17日 主日の御言葉より –

 

私達が何をするにしても、何が必要なのかはっきりと分かって生きる人生になりたいですね♪ また美しい写真をお届けします!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる