いくら 楽しく生きると 大言壮語してもー摂理の詩

「西の山の麓の人生」 鄭明析

人々いくら
楽しく生きると
大言壮語しても
格好良く生きると
喜んで飛び跳ねて
良い暮らしをしたいと
自信を持って
生きても

神様
御子を
離れた生(せい)
ちょうど
死の宣告を受けて
あの西の山の麓に座って
喜んで
叫び 歌う人と
同じだ

肉体が
死んでみなさい

あなたが富 栄華を
きわめたこと
思い出すこともなく
あなたの魂と
霊魂の苦痛が
あなたの霊魂に
熱い火になって
永遠に
生きていくのだ

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる