歴史は早いー摂理の詩

歴史が既に来て もう行ったというのか

いつ来て 行ったというのか

一昨日来て 行ったというのか

既に行ってしまったのか

本当に歳月って早い 歴史は早い
早すぎて忘れてしまった

未来にあることが歴史の中に来る すぐに来る

一千里 百里前から 列車が走ってくるように
仕事に没頭して働いていると すぐに来る

シュッシュッポッポ シュッポッポ 聞こえてくる汽笛の音

過ぎた歴史が再び来るとしたら 長くかかるけども
私達の前にある歴史は すぐに来る

2007年12月2日 御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる