花のしるしー鄭明析牧師の詩

花が花を生んだ

父のように母のように
あなたもどうしてそんなにも
美しいのか
綺麗だな

私があなたを愛して
水をやり肥料もやって
面倒を見ているから
いっそう美しく
神秘的に見えるのだな

乾くのではないかと心配しないで
飢えるのではないかと心配するな

私と一緒に食べて飲んで
華麗に花を咲かせ
香りが漂う
天の宮のしるしになってみよう

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる