白い服ー詩

こんこんと降る白い雪
裸の山と野原の初雪は
寒い冬の白い服だ

村の入り口に整然と立っている兄弟木よ
私はお前を忘れられない

暑い時は涼しい木陰で
寒い時はガタガタと震えながら
私を迎えてくれたお前を
今日(こんにち)、私が愛するようになった

お前が私の心情を分かったから
私もそのように感じて
愛するようになったのだ

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる