待つことー鄭明析牧師の詩

「待つこと」 鄭明析

陽が沈み
夕焼けが
染まるのに

帰っていた人も戻り
帰るべき人も帰ったのに

詩の人だけが来なくて
窓を開けて待っています

わが愛
詩の人は
夕暮れの前に
現れそうだ

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる