太陽ー鄭明析牧師の詩

神様はあの空の太陽のようにいつも熱い

人間は自分の方が冷め切ってしまったら冷えてしまう
怠けて 怠慢で 怠惰で 緊張が緩む

熱い太陽も 輝く明かりも きれいな顔も
顔をそむけたら 冷たく 暗く 見えなくなる
 
【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる