速報!<改正公選法>18歳選挙権が成立!

選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が17日午前、参院本会議で全会一致で可決、成立した。 国政選挙では来年夏の参院選(2016年7月25日任期満了)から、18、19歳も投票できるようになる見通しだ。1945年に「25歳以上」から「20歳以上」に引き下げられて以来、70年ぶりの改定となる。若者の政治参加の拡大につなげるためには、学校現場などを通じた「主権者教育」の充実が鍵を握りそうだ。

引用:毎日新聞

 

ついに選挙権をもつ年齢が70年ぶりに引き下げ!

高3の一部、大学1,2年生でも投票できることになります。

それと同時に改正公職選挙法には

「民法、少年法などの成年年齢引き下げも検討し、法制上の措置を講じる」

とあります。

 

参加するということは、同時に責任も伴う。

それでも若い人達が参加することは、とても希望を感じます。

 
小泉進次郎氏はいつも熱く分かりやすく語るので、注目しております。
皆さんは注目している政治家はいますか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる