戦後70年沖縄全戦没者追悼式 慰霊の日

沖縄全戦没者追悼式(出典:JCCテレビ)

沖縄は23日、沖縄の全戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。
1945年6月23日に3カ月近く続いた旧日本軍の組織的戦闘が終結してから今年で70年。
最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園では県と県議会主催の
「沖縄全戦没者追悼式」が営まれ、安倍晋三首相や翁長雄志(おなが・たけし)知事、
遺族ら約5400人が参列。正午に1分間の黙とうをささげ、平和への思いを新たにした。
引用:毎日新聞

 

沖縄は、唯一地上戦が行われた地。
私は中学の時に祖母と母とで、高校生の時に修学旅行で二度、沖縄の地を踏んだ。

空港に降り立った時、気候がまず本土と全く違った。異国という名がふさわしいと思った。

母親は私に「戦争はいけないこと」ということを子供の頃から教え、沖縄でも巨大な防空壕、ひめゆりの塔に連れて行ってくれた。

ひめゆりの塔(出典:たびらい沖縄)

麻酔無しで兵士たちの手術が防空壕内で行なわれたこと、まだ若い10代の女の子達が戦地で亡くなっていき、最後は自決まで強いられるような状況だったこと。
語り部の方が話されていたことを今もよく覚えている。

戦争を経験していない世代が日本の80%になり、もちろんいつかは全国民が戦争を経験したことが無い人達になるわけだけれども戦争は100%、これからも私達が知らなくてはいけない。

勿論、戦争を繰り返す選択肢など絶対にあり得ない。

戦争を経験した世代から話しを聞けるのも残念だけど、永遠ではない・・・。
実体験を本人から聞くのと、人をまたいで聞くのとは違う。
違うからこそ、聞いた私達が、より分かって伝えたい。

たくさんの真実のメッセージを、一人でも多くの次世代達に。

いつも応援click有難うございますヽ(´∀`。)ノ
クリックするとランキングに反映されますΣd(´∀`o) 2ポチお願いします☆

にほんブログ村

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる