広島 原爆投下から71年目

2017 1/12
広島 原爆投下から71年目

今日は、広島に原爆が投下されてから71年目の日です。
被爆者の方の高齢化が進んでいます。
ある被爆者の方は
「語る人がいなくなると、またいつか核を使うことが当たり前になってしまうのではないか」
と懸念されていました。

毎年、この時期になると戦争のことを改めて振り返る機会になります。

 

目次

NYで原爆犠牲者を追悼 “核廃絶”求める

 

原爆の日 犠牲者の霊を慰める灯ろう流し

 

戦争は突然起こるものではない

戦争はある日突然起きるものではなく、日々の和睦のちょっとした崩壊により起こります。
どの戦争を調べても、ある日突然大きな戦争が起きた事例は一つもありませんでした。

一人が戦争を起こし、一人が逆に戦争へ突入する道を変えることもできます。

人々は、一回を大したことではないと考えます。
「一回くらいは」、「私一人くらいは」、このような言葉を何回も繰り返しながら生きていきます。
ところが、「一回くらいは」が何回にもなり
「私一人くらいは」が全員になります。
「私一人くらいは」と捨てたゴミが山のように積まれている所もあるし、
「私一人くらいは」と捨てた排水が地球村全体を汚染します。
この一回、全ての始まりは、この一回から始まります。
つまり、この一回を掴(つか)んでこそ、全体を掴むことができます。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の御言葉より

我ら日本が攻撃を受けたことも、日本が攻撃をしたことも
常に頭に置きながら、私自身の考えをいつも平和にしたい。

私が全ての人と和睦できるように、努力していきたいです。

 
二度と、核兵器が使われることがない地球でありますよう。
核兵器がすべてなくなりますよう。
核兵器より、最高に脅威がある神様の愛、人々の愛の和睦、愛の交流が世界中を包みますように。

 

愛してこそ一つになる。憎めば二つになる。
-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次