YouTuberに見る行いの差

ここ数年、YouTuberと呼ばれる人達が出てきて、今では小学生の将来なりたい仕事にYouTuberが入っています。

 

YouTuberとは
YouTube上にて自作の動画を投稿し、広告収入を得ている一定の集団を指す呼称である。byニコニコ大百科

 

YouTuberになりきる息子

小学3年生の息子さんが、YouTuberになったつもりで「はいどうも、皆さんこんにちは。今日は○○を紹介していきますよ」などと言いながらPCに向かって友達と会話しているそうです。みんなYouTubeを見ているので、特にツッコミを入れるでもなく、ごく自然な会話として受け止められています。
引用:itmedia

 

毎日新聞ニュースサイトで、兵庫県立大学・竹内和雄准教授が、大阪府内のある小学校が調査したという「4年生男子の将来の夢」を紹介。それによると1位「サッカー選手」、2位「医者」に続き、3位に「ユーチューバー」が登場しており、ネットユーザーの間でも話題になっている。
2016.3.26
引用:R25

 

有名なYouTuberの方々の映像を見た人たちからこんな感想を聞くことがあります。

「なんであれで人気なのか分からない」
「誰でも出来ると思う」

 

分かります。そう見えたりもしますよね。

 

でもふと、こんなことを思いました。
「思ってるだけじゃなくて、それを外に出したから人から反応が返ってくるんだよな」
「実際に行うのと行わないのとでは天地の差なんだな」

 

YouTuberの方々は、考えてるだけじゃなくて実際に映像にしてそれを出す。
たぶん、考えてる人はいっぱいいるのかもしれない。
でもやはり、そこで行うか行わないかの差なんだなと思ったのでした。

 

リアルの世界も、ネットの世界も、行ったら何かしら反応があるし、その反応が自分が思っていたこととぜんぜん違ったりもする。

 

行う前は、自分の想定内のことしか反応が見えないけれども、行うと驚くことがたくさんある。

 

やはり、この時代は行った人のものであるという御言葉を実感するし、実際に行う人にはかなわないなと思うのです。

 

実際にやってみたら、簡単に見えるようなことでも実は大変なこともいっぱい。
口では言えても、じゃあやれるか?出来るか?というと別問題。

 

人は道を歩いて行く時までだけ行くことができます。
続けて歩くことで存在をさせなければ、それ以上一歩も行くことはできません。

自分の人生の生もそうです。続けて行ないつつ存在する時までだけ存在します。

すべての存在の理致は同じです。さまざまに存在させるためには「行なわ」なければなりません。
-摂理 キリスト教福音宣教会 2016年10月2日 主日礼拝の御言葉より

 

私は、主と一体となって今はひたすら実践したい。

 

「あとは実践だけが残っている。」
この言葉にしびれました。

 

冒頭画像出典:creatorbit.com

投稿者プロフィール

RIO
RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP