九州豪雨 救助活動続く「生きてること願ってる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雨がまた降ると言われ、その中で救助活動が続いています。

 

本当に一人でも多くの方が早く見つかってほしい。

 

NEWSを見ていたら、九州豪雨のいっぽうで、北朝鮮の弾道ミサイル打ち上げについて流れていました。

 

朝倉市では11人が行方不明。
そのため、消防や自衛隊110人に加え、地元の方々50人、総計160人態勢で行方不明の方を探しています。

 

地球のあるところでは、人が生きてることを切に願い、多くの人がその人を探している。
たった一人の大事な人の無事を願い続ける。

 

でもまた地球のあるところでは、人を殺すための兵器を開発し続ける。
実際に殺してしまうこともある。

 

同じ命なのに。

 

息のあるものは祈りなさい。自分の命のために、隣人の命のために。 鄭明析牧師の明け方の御言葉より
息のあるものは祈りなさい。自分の命のために、隣人の命のために。 鄭明析牧師の明け方の御言葉より

 

同じ人間だから。
神様の愛する一人一人だから。

私は、一人一人の命の為に祈り続ける人でありたい。

 

命を愛しなさい。必ず命を愛さなければなりません。
2007年3月11日主日礼拝 命の歴史 より

切実な一言が、歴史を動かす
-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

 

冒頭画像出典:Reuters

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP