W杯アジア2次予選 VSカンボジア戦 3対0快勝

目次

サッカー日本代表、VSカンボジアで勝利 

news_171109_1

 

私は昨日の試合、観戦する前に胃が痛くなるような思いをしながら、ご飯を食べてました(←?)

「ここ最近、負けたかドローかだったし、今日も負けたらどうしよう」

否定的な考えは、サタンの考えですので追い払いました。

 

そして、右目パソコンで作業をしながらも、左目でサッカーを見てました。

なんて器用なのだ。

最初、なかなか点が入りませんでしたが、28分に本田がエリア外からミドルシュート。

BY6V9168-738x490

 

後半、吉田がミドルシュート、エリア内で岡崎が放ったシュートのこぼれ球を香川がゴールへ。

日本、3対0で勝利しました(^^)本当にお疲れ様でした。

まだまだ出来たかもしれないという話がありましたが、9月8日のアフガニスタン戦では更に力を発揮できることを願います(^^)

 

私、今回の試合見ながらカンボジアの選手に印象が残りました。

丁寧な試合、血気盛んさは感じられないプレー。なんていうか、平和な感じがいいなあって思いました。

サッカーって、時には暴動が起きてしまったり、死亡者まで出してしまったり。

それっていくら勝ったとしても神様は嬉しくは思わないですよね。

 

ゴールすることが大切なのではなく、マナーが大切です。人生を生きる時、より面白くて甲斐ある生き方をすべきであるように、スポーツをするとき負けん気も必要ですが、楽しくて仲睦まじくしながら、マナーがいい時により意義深いのです。

1990年5月23日 摂理の御言葉より

 

私はカンボジアに行ったことがないのですが、お隣のベトナムの方に穏やかな人間性が似てるのかなという印象を受けました。いつかカンボジアにも行ってみたいです!

src_10856419

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる