死傷者は1800人超 イラン・イラク国境でM7.3の地震

 

 

 

イランイラクの国境付近で地震が起きました。
震源が山岳地帯で救助活動が難航。山岳部の住宅の多くは、泥のレンガで作られており、地震が起こると崩れやすくなっています。
多くの人々が今も生き埋めになっている状況です。

死者は数千人にものぼるとの報道もあります。

 

トルコ、イスラエル、クウェートでも揺れが感じられたと報じられています。

 

イランイラクでの地震の話はあまり聞かないようにも思えますが、イランは地下を複数の大きい断層が走る地震多発地域にあります。

 

1990年 イラン北西部 マグニチュード(M)7.4 4万人以上が死亡
2011年 トルコ東部でM7.2の地震が起き、犠牲者が出た

 

一人でも多くの方が早く救助されることを祈ります。

 

参考:朝日新聞、産経新聞、BBC、時事通信

投稿者プロフィール

RIO

東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。

現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。

好きなものは猫。

いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。

ですが、主と共に生きるのでお二人様。


  • コメント: 0

関連記事

  1. 在日ベトナム人 リンちゃん母国で埋葬

  2. 熊本地震 倒壊住宅から赤ちゃん奇跡の救出

  3. 広島原爆投下

    広島へ原爆投下 1945年8月6日 午前8時15分

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA