“五輪の魔物”は?ー宮原知子選手 女子フィギュア

 

 

ついに女子フィギュアのフリーが終わりました。

 

宮原知子選手は去年、怪我で長期離脱していました。
 

去年末の全日本で戻ってきて、そしてオリンピック初出場。

最初にあった団体戦では一部、回転不足をとられたのに
この数日で見事、それを修正してショート、フリー共に回転不足をとられなかった。

 

普段、感情を表に出さないけれど、今日ばかりは両手をあげてのガッツポーズ!!

 

本当に努力の人で、本当に圧巻の演技。

 

ただただ感動。

 

人ってこんなに努力で変われるんだ、こんなに完璧な演技が出来るんだ。

 

メダルの色は関係ない。

 

自己ベストをこの大舞台でショートもフリーも出すなんて。

そんなことがあるんだ。
完璧に生きられる道があるんだ。

そう教えられました。

 

坂本選手も本当に最後まで頑張っていた。
シニア転向、オリンピックも勿論初出場で6位入賞。

 

OARのザギトワ、メドベージェワ、カナダのオズモンドも完璧な演技。

 

完璧って本当に凄いし、完璧な世界ってあるんだよな。

でも完璧って一日で作れちゃうものでは無くて
メダリストたちは全員、毎日何度も何度も飛んできた、練習してきたという。

 

完璧に生きるには結局、毎日の積み重ね。

神様、今日も人々を通して教えてくださってありがとう。
女子フィギュアの皆に、メダルをあげてください。

 

 

オリンピックには魔物はいないらしいですよ。

神様が全てを見ていらっしゃったんですね、きっと。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる