【NEWS】来日!韓国大統領が6年半ぶり、中国首相は7年ぶり

韓国の文在寅大統領が来日しました。
韓国の大統領としてはなんと6年半ぶりの来日。

 

外務省HPによると2000年以降、韓国大統領が訪日したのは次の通り。

2013年2月に就任した朴槿恵(パククネ)前大統領は来日していない。

表にしてみると2012年以降、空白がある。日本側も訪韓しているものの、回数は他の年より少なくなっている。

なお、中国の李克強首相も就任後初めて日本を公式訪問したが、中国の首相が来日するのは7年ぶり。

 

NEWSを見ると、北朝鮮とアメリカの米朝首脳会談について、また北朝鮮からアメリカ人3名が解放されたことについて大きく取り上げられている。
が、日本と韓国、中国との関係性についても動きが出ている。

 

世界各国の動きが2018年に入って早くなっている。今までにない動きが多発している。

 

今まではメディアを通したり、Twitterを通したりだけの<間接対話>だったのに、<直接対話>するということはどれほど大きなことか。
アメリカが北朝鮮にポンペオ国務長官を送り、首脳同士の対談について準備させたように、<直接対話>がどれほど大きいことなのか、各国も存分に承知している。

 

この動きの最終地点が、神様の望む平和でありますように。

 

平和を作り出して行く人達と不満を抱いて生きていく人達とは、あまりにも大きく運命が変わるということを、私達はみんな体験してきたことです。
-鄭明析牧師 2001年4月1日主日礼拝の御言葉より

平和を作り出して行く人達と不満を抱いて生きていく人達とは、あまりにも大きく運命が変わるということを、私達はみんな体験してきたことです。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師 2001年4月1日主日礼拝の御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる