米朝首脳会談の成果ー直接対話って大きい

成果を測るには、両国と日本を含む関係諸国全ての今後をみないと分からないけれど
少なくともいま言えるのは

70年間、対話が一度もなかった両国が
直接会って話したというだけでも大きい。

去年だったら
アメリカのトランプ大統領も
北朝鮮の金正恩委員長も
互いに悪口を言い合い
いつ戦争になるかと言われていた。

「互いに対話しなさい。対話で解きなさい。残すことなく解きなさい。<対話>が『わだかまりを解く上で核心』だ」
2016年7月24日 主日の御言葉より

 

まだ初回の対話。

今後、必ずや全世界に平和が訪れることを切に願います。

 

1 米国と北朝鮮は、両国民が平和と繁栄を切望していることに応じ、新たな米朝関係を確立すると約束する

2 米国と北朝鮮は、朝鮮半島において持続的で安定した平和体制を築くため共に努力する

3 2018年4月27日の「板門店宣言」を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島における完全非核化に向けて努力すると約束する

4 米国と北朝鮮は(朝鮮戦争の米国人)捕虜や行方不明兵士の遺体の収容を約束する。これには身元特定済みの遺体の即時帰国も含まれる

2018年6月12日 米朝 共同合意文

引用:日本経済新聞

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる