日本サポーターから広がるゴミ拾いーワールドカップ2018

日本サポーターの方が試合後、ゴミ拾いをする姿はたびたび話題にあがります。

今回のワールドカップでは、対戦相手も感化されてゴミ拾いをしているそうで
そのゴミ拾い文化が広まっているそうです。

 

 

 

 

 

これは日本の誇るべき文化。

 

幾つかの国に行く中で、日本の綺麗さは明らかに群を抜いていました。

 

心が清潔で、行いが清潔なものが神様を見ることができるのです。
きれいにして生きなければいけません。

ある人はゴミを見てもそのままにしておく人がいます。掃除したい心はあるけれども、不思議と拾うようになりません。

それは自分を磨いてないからそうです。

心を磨いたとき、廊下も磨くことができます。廊下を磨いた人が部屋も磨くことができます。だから、掃除しない人はとにかく心を磨いてないことです。それには理由がありません。

1998年10月3日 朝の御言葉(内側を清くしなさい)より抜粋

 

昔は日本も汚かったそうですが、今では考えられませんね。

日本サポーター、本当に誇らしく、素晴らしいです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる