73回目 平成最後の終戦記念日ー時代の変化

今日は平成最後の終戦記念日でした。

 

昭和、平成と経て新しい時代へ入る節目の年でした。

 

私のなかから一生の間、戦争と平和のテーマが消えることはありません。

 

消えたら、たぶんそれは私が私でなくなるときですね。(←未来への私の警告)

 

戦争を実体験はしてないから、戦争の悲惨さ、戦争の話。
いくら聞いたとしてもその時代に生きた人ほど、実感はわいてないのかもしれない。

 

ただ。

戦争は絶対にしてはいけないことだけは分かります。

 

戦争はこの地球上に必要ないものだということは分かります。

 

神様はこれ以上、戦争を望んでいないことは分かります。

 

神様は2000年前、平和の王としてイエス様をこの世に送られました。

神様が戦争が好きだったら、「戦争の王」とでも言いながら送ったことでしょう。

 

戦争は繰り返すものではない。
核爆弾は要らない。

 

この地球上、全ての人が戦争や内戦の苦しみから解き放たれるときまで祈り続けます。

 

そして。
たとえ戦争がないことが=平和かと言えるのか?

そうではないことは、今の現代社会を見れば誰にでも明らかです。

真の平和が成されることを切に切に祈ります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる