2回目の米朝首脳会談と拉致問題

米朝首脳会談の結果はニュースで流れている通りですが
最後まで行ってみないと分からないと思いました。

 

印象的だったのが、拉致被害者家族の横田早紀江さんの言葉です。

「これからですよね。ようやくここまで来たという感じ、わたしにとっては。長いこと北の様子をずっと見て闘っている。生半可にすんなりいくわけないと思っていた。今回は、前のめりにならなくて良かった」

「あまり焦って変なところで妥協していただきたくないなと思っていましたので、北朝鮮の要望にそのまま乗らないで、とどめて下さったことは、私は良かったと思っています。拉致問題に言及して下さったというのを聞いて、安倍総理に何度も要請してきたことをきちんと(トランプ大統領が金正恩党委員長に)伝えて下さったのだな、という誠意を感じて、ありがたかったし、ようやくここまで来たんだなという感じですね」

引用:FNNPRIME

 

「生半可にすんなりいくわけないと思っていた。」
この言葉が重くもあり、冷静でもあり・・・。

本当に拉致被害者の全容が解明し、早く戻ってこれるようになることを祈りたいと思いました。

 

本当は宣言の合意、終戦宣言への合意もされるかと期待したけれども
今回はそれは無く。

それでも依然比べれば、やはり奇跡のようなことだから
引き続き祈り、北朝鮮の問題が完全に解決されることを祈ります。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次