3月21日、東京で桜開花!今年最後のスーパームーンも。


 

スーパームーンをよく見ている気がするけれど、次回の観測は2020年2月9日。

3月21日に、今年最後となるスーパームーンが観測されました。

スーパームーンとは、地球、月、太陽が一直線になり、楕円軌道で回っている月が、地球と最接近した時に見える満月または新月の通称。アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、通常の満月に比べて、14%大きく、30%ほど明るく見える。
引用:mashupreporter

女性神、聖霊様の象徴である月。本当に美しいですね。

 

そして桜も3月21日、ついに東京で開花!

 

桜の開花基準をご存知ですか?

開花日は標本木で5~6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日
参照:tenki.jp

東京では靖国神社に桜の標本木があります。
3月20日、TV各局が「まだ4つしか咲いていない!」と熱く報道していました。

 

そうしたところ、3月21日にはついに!5つ咲いたのです。

 

新約聖書マタイによる福音書 6章 30節
きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。

野の草も、桜も、神様が手をかけて美しく大切にしてくださっています。
太陽も空気も気候も水も、様々な条件がそろっていないと、当たり前のように毎年咲いている桜も、咲くことはできません。

 

私たちも当たり前のように毎日生きているものの、それは本当は当たり前でありません。
神様があまりにも様々に助け導いているからです。

 

神様は様々な自然万物を作られましたが、人間をそれ以上に神様は大切にし、よくしてくださっているとおっしゃられました。
本当に感謝感嘆するしかありません。

 

だからこそ自分自身をもっと傑作品に、もっと偉大な作品に作っていく使命が私たちにはあります。
そうなれると神様は話されているのです。

 

旧約聖書 伝道の書3章 11節
神のなされることは皆その時にかなって美しい。

 

神様が時に応じて様々に楽しませ、メッセージをくださっています。

私も神様に、愛と感謝の反応をもっと示していきたいです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる