「悪いことをすると、それだけの支払いをしなければなりません」

映画「HOMIE KEI チカーノになった日本人」は、ヤクザの世界で成功を収めるも、FBIに捕まって米国の刑務所に入り、出所後帰国、問題を抱える少年少女を救済するNPO法人「Good Family」を設立したKEIさんについてのドキュメンタリー映画です。
引用:オトナンサー

 

KEIさん本人はインタビュー記事の中で、このように話す。

 

KEI「悪いことをすると、それだけの支払いをしなければなりません。支払いとは金銭もそうですが、さまざまなことを指します。刑務所に行ったり、ヤクザだったら指を取られたりすることもそう。

支払いをする覚悟がないなら、最初からやらずに生きていった方がいいということです。覚悟があったとしても、周りや家族に迷惑がかかったりするなど自分は後悔があります。自分のようにならないために、少しでも伝えることができたらと思っています」
引用:オトナンサー

 

深い言葉だと思った。

 

罪は、悔い改めることができたとしても
それ相応の支払いはしなくてはいけない。

 

自分で支払うことができなければ
償うことができないのならば
それを代わりに誰かに支払ってもらうしかない。

 

莫大な罪であればあるほど
自分だけが悔い改めて済む世界ではない。

 

だったら、最初から絶対にしないほうがいい。

 

私も罪を犯したことは、勿論ゼロではない。
だから本当にそうおもう。

 

自分で覆いきれるほどの罪の大半は
殆どが軽い罪。

 

重い罪は、周りを巻き込む。
そして、誰かに血の涙を流させる。

 

彼女は男の子を産むであろう。その名をイエスと名づけなさい。彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となるからである」。
新約聖書 マタイによる福音書1章21節

 

これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。
マタイによる福音書26章28節

 

こうして、ほとんどすべての物が、律法に従い、血によってきよめられたのである。血を流すことなしには、罪のゆるしはあり得ない。
新約聖書 ヘブル人への手紙9章22節

 

メシア、救い主はとても払いきれない人々の罪の代価を、代わりに払ってくださった。

 

でももう、支払わせてはいけない。

投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟
PAGE TOP