青学、箱根駅伝 往路初優勝!

青学(青山学院大学)が快進撃!
箱根駅伝で青学が初の優勝!!
5区青学大のエース・神野選手(かみの・3年)は柏原竜二の記録を24秒上回る快記録!やりましたね!

 

神野選手はなんと身長164cm、体重43キロ。
高校時代は30キロ代だったそう。
こ・・・これは女性で細身と言われる人と同じくらいの体重!
でも、

体の軽さは武器だと自負する。
「筋肉は少ないけど、重くない分、運ぶのは楽」。
人一倍入念なストレッチや補強トレーニングで、細身の体を支える。
出典:読売オンライン

なのだそうです。
この自分の武器=価値を分かってるところ、素晴らしいなと感じました!!

 

<分かること>が本当に「大きいこと」であり「宝」だが、
教えてあげても価値が分からない。
価値を分かって行なう人だけが「分かる宝」で光を放って、
まったく違った世界で生きていく。
出典:マンデーMannam & Daehwa 摂理の鄭明析牧師の明け方 御言葉より

 

また、駒大(駒澤大学) 馬場選手が5区でふらふらになりながらもなんとか襷をつなぎ、
TOPとの差が7分ほどというのも凄いなと思いました。

 

マラソン嫌いの私ですが、ホノルルマラソンを走ったところ
ランナーの気持ちが100万分の1くらいは分かるようになりました。
ふらふらで7分しか差があかないというのは
本当になんというか奇跡に近いのではと思ってしまいます。

 

低体温症だったそうですが、無事に回復しますように。

 

往路とのTOPとの差が大きく開いていると、復路への心配が募りますが逆転劇が複数あります。
一番大きかったTOPとのタイム差は8分27秒差。
箱根駅伝第一回目。

 

筑波大学の前身である東京高等師範学校が
往路は8分27秒の差がTOPとあったものの、復路で逆転!総合優勝を果たしました。

 

先ほど、復路がスタート!
全選手が最高の走りを出来るよう、神様がそれを見て喜んでいただけるよう
心からお祈りします!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる