SNS中傷 人気ラーメン店が裁判で潔白を勝ち得た

「業務用スープを使っている」。福島県郡山市の人気ラーメン店は、SNSなどインターネット上の書き込みに1年以上も悩まされてきた。
引用:弁護士ドットコムニュース

批判を書き込んだA氏は元々は好意的な客で、意見をラーメン店主に伝えていた。
しかし、途中でアドバイスを店主が否定するようになった途端、攻撃的な書き込みや事実無根の内容をA氏は書き込むようになったという。

 

ネットへのこういった書き込みに対し、警察は動けないもののようだ。

警察にも相談したが、店の前での抗議活動でもない限り、対応ができないとされた。そこで、弁護士に依頼し、裁判を進めることにした。
引用:弁護士ドットコムニュース

NEWS全文はこちら

 

このお店は幸いにも売り上げが落ちることはなく、伸ばしているという。

ネット界隈に詳しい人であれば、事実無根の書き込みかどうかはある程度は判別ができる。
しかし、100%判別できるかというと確実性はない。
また、書き込みを見て嫌な印象を受ける人もいるかもしれない。

 

ネット上の誹謗中傷は重い罪だ。
その誹謗中傷が発端で自殺する人も後をたたない。
今後も誹謗中傷については、厳しい世の中になっていくだろう。

まずは私自身が誹謗中傷をしないよう、言葉に気を付けていく。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる