関越道 大雪で立ち往生最大2100台

関越道が大雪で、多くの車が立ち往生になっています。


 


 


 
私も以前、千葉に出かけたときにまさかのドカ雪にまみれてしまい、通常10分くらいで行けるところをなんと4時間たってもつかない。ノーマルタイヤだから運転がそもそも無理。
車が何度もスリップした。
死ぬかと思った。
今思えば、車を乗り捨てれば良かったかもしれないけれど、見知らぬ土地で一体どうしたらいいのか分からなかった。
結局、千葉からその日は帰れず、なんとか生き絶え絶えにたどり着いたスーパー銭湯で夜を明かした。
あのときのことはよーく覚えてます。
 
私は立ち往生まではいかなかったけれど、それでも一体この先どうしたらいいんだという気持ちになった。
今回の立ち往生で苦労された方々、本当に本当に大変だったと思う。
食料や飲み水さえないという人達もいた。
テレビ中継を見ながら、一刻も早く助かるように祈りました。
 
こういうときに、暖かなニュースがあると少しホッとする。


私までありがとうと言いたくなってしまう。
 
これ以上、被害が広まりませんように。
 
救助隊、自衛隊や動いてくださってる全ての方々に感謝します。
車の中で今も辛く過ごしてる人が、少しでも楽に早く過ごせるように祈ります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる