3.11 東日本大震災の発生から10年

2011年3月11日、東日本大震災のときから10年を迎えた。
多くのメディアで震災のことを語る記事が掲載されていた。
 
私は今日、日テレの特集をずっと見ていた。
 
藤井アナの優しい言葉、津波の映像が流れるときの話し
「未来の命を生かすために、津波の検証をします」
おそらくいろんな思いがあるなかで、このようなコメントが出てきたのだろう。
 
「未来の命を生かす」
私もその思いをもって、津波の検証映像をずっと見ていた。
 
涙が出るしかなかった。
涙をたくさん流した私に、自問自答した。
「この涙は、何の涙?」
 
特集を見ながら「私には何ができるのか」それをずっと考えた。
 
私は今、生きている。
 
生きているというよりは、生かされている。
だから、やらねばいけないことがある。
 
14時46分、震災で亡くなった全ての霊魂の為に祈り、被災した人々と地域の為に祈った。
この10年、全ての方々の労苦が必ず報われることを心から祈った。
神様が全ての人に癒しを与えてくださり、力を与えてくださることを祈った。
 
これからも、3.11のことを忘れるような人になりたくない。私の命が尽きるその日まで。
 
真の復興は地域の発展、人が戻ってくること、そして震災のことで苦しむ人が1人もいなくなること。
その日まで私も祈る。
 
全ての人の心が、真実に癒されますように。
 


 


 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる