メッシ「神様がこの瞬間をとっておいてくれた」A代表の主要国際大会で初戴冠!

コパ・アメリカ2021の決勝が10日に行われ、開催国のブラジル代表を1-0で破ったアルゼンチン代表が11大会ぶり15回目の優勝を果たした。

FWリオネル・メッシにとっては、A代表で初めて手にしたタイトル。

これまでコパ・アメリカ2007、2014年ブラジルW杯、コパ・アメリカ2015、コパ・アメリカ2016で決勝を経験し、いずれも準優勝に終わっていたメッシ。試合後のインタビューではこう話した。

「クレイジーで、説明できないほどの幸せを感じているよ。悲しい去り方をしたこともあったけど、いつかはこうなると思っていた。前回のコパ・アメリカ以降、とても強くなったこのグループを信じていた。常に前に進み、何事にも文句を言わない、とても良い集団だ。

コパ・アメリカで優勝したということだけでなく、ブラジルを彼らの国で破ったということで、歴史に残る試合になると思う。

神様がこの瞬間をとっておいてくれたと感じている。
参照:ゲキサカ

サッカーに詳しくない人も、メッシの名は聞いたことあるのではないだろうか。アルゼンチンのサッカー選手だ。

「史上最高のサッカー選手」と誰もがメッシを認める。クラブチームで数々のタイトルを獲得。世界最高選手の称号バロンドールを史上最多6度も受賞。

しかし、国際大会ではタイトルを獲得できず「代表で結果を出せない」とアルゼンチン国内で批判を受けていた。それだけ国内の期待も大きかった裏返しであろう。

「シルバーコレクター」「無冠の帝王」という名もついた。シルバーコレクターとは「スポーツで万年二位。 成績は悪くないが、なかなか優勝できず、いつも銀メダル・銀賞をもらっている人やチーム。(引用:デジタル大辞泉)」のことを指す。メッシはワールドカップなどの国際大会にアルゼンチン代表として出場。決勝まで進むが、惜しくも敗れ続けていた。

そんなメッシがA代表の主要国際大会出場10回目で初戴冠となったのだ。年齢は既に34歳になっていた。

上記の訳、別の記事ではこのように訳されていた。
「いつかは優勝できると思っていた。ブラジルで、ブラジルを相手に、このような瞬間を与えてくれて、神様に感謝したい。きっと、この瞬間を取っておいてくれたんだと思う。」

また、以前のインタビューで、メッシはこう語っている。
神様に感謝していることは、僕が1歳か2歳の頃から愛しているサッカーを続けられていること。(引用:Kazuki Date/note)

サッカーを続けてきた先に、神様に感謝し続けた先に、神様が最高のプレゼントを用意して待っていてくださった。

みんな落胆もせず、諦めることもせず、聖三位に感謝と愛の栄光を帰して喜んで生きるのです。自分の使命の仕事は自分が責任を持って、心と思いと命を尽くして行なわなければなりません。持続的に熱心に行なうことです。
2021年7月12日 明け方のみことばより

メッシは初タイトルの感想の中で「何度もタイトルに近づいたことはあった。何度も悲しい思いをしてきた。」とも話している。やはりどんな大変なことがあっても、神様に感謝し、継続して最後まで行う人が勝利する。それを深く思うしかないメッシの喜ばしいニュースだ。

冒頭画像:barcablaugranes

参考:ゲキサカ、ZONEWEB、読書の力、スポニチ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる