【医師回答】コロナワクチン接種の効果は?副反応は?うっても意味あるの?!

新型コロナのワクチン接種で「副反応が心配」「うっても意味あるの?」という話しも聞きます。教会の人たちから送られてきた質問を、コロナ診療にも携わっている現役医師 Dr.白ふくろうさんに回答していただきました。

医師:Dr.白ふくろう

総合内科、消化器内科、内視鏡を専門とする医師です。救急・ERやへき地医療を経験し、病院勤務医を経て現在はクリニックを開業し経営者となりました。2児の父でもあり、子育てと仕事の両立に奮闘しています。新型コロナウイルスの診療、ワクチン接種も積極的に行っており、地域の医療をサポートしています。
天運教会(キリスト教福音宣教会)に所属。

予告!
8月19日、コロナワクチン接種をした人達へのアンケート結果をこのブログに掲載します。気になる副反応について「あった」「無かった」ありのままの声が届いています。その人数、150名超アンケートに協力いただき心から感謝します!

目次

コロナワクチンそのものについて

ワクチンの種類と違い

質問:ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、現在日本で接種が進められているものはどう違うのでしょうか?

回答:いずれもmRNAワクチンです。ウイルスのS蛋白という部分を設計するもので、このS蛋白に対する抗体を作ることで免疫を獲得するものです。注射したところの筋肉細胞を利用してS蛋白を作ります。ファイザーとモデルナはポリエチレングリコールで覆い、アストラゼネカは無害なウイルスで覆っています。前者は90%以上の予防効果があり、後者は70%の予防効果があります。

変異株にワクチン接種は意味が無い?

質問:デルタ株はワクチン接種しててもかかるとも聞いていて、それなら打つ必要ある意味はあるのだろうかとおもっています。感染力が強いデルタ株は、感染する可能性はありますか?

回答:ワクチンを打つ意味はありますが、感染するリスクもあります。その予防効果はファイザー、モデルナを2回打った人で70%程度と言われています。

ワクチン接種は何を防ぐのか

質問:コロナワクチン接種はそもそも感染自体を防ぐものではないのですか?何を防ぐことができるのでしょうか?

回答:感染も防ぎ得ますが、何より発症を防ぎ、他者への感染を防ぎます。

持病と副反応の関係

難病の基礎疾患

質問:難病の基礎疾患がありますが、同じ病気の人がワクチンを打ったデータが出ておらず、ワクチンの効果、副反応について、未知数すぎます。打つことは決めましたが、祈ることしかできません。なる様にしかならない(神様しかわからない)とある程度諦めていますが、ほかに何かできることはあるでしょうか?

回答:他にできることはないです。難病が何かわからないので答え難いですが、ほぼ全ての基礎疾患でワクチンの効果の差が出ることはないです。例えば、抗体産生が阻害されるような疾患を持っている方はワクチンによる効果が減弱されることが予想されます。高齢者が若年者より抗体産生が弱い、ワクチンの効果が低いのと同じ原理と思います。
副反応も差はないですが、ポリエチレングリコールに対してアレルギーがある人はアナフィラキシーのリスクがあります。

皮膚炎

質問:少し皮膚炎があるので、発熱で悪化しないといいなという不安があります。

回答:皮膚炎がどんな皮膚炎かによりますが、一般的にワクチンで皮膚炎が増悪することはないものの、アレルギー性であり、今回のワクチンにアレルギーのある人なら増悪することはあるかもしれません。あとは、じんましんのように発熱などの心身の負担で発症、増悪する人は一過性に増悪するかもしれません。この場合は増悪しても2~3日で改善することが予想されますし、じんましんの薬で軽快すると思われます。

副作用について

副反応が出たという人の話を聞くと心配

質問:周囲で打った人の多くが、39度くらいの発熱があって、しばらくのびていたと聞いてて、個人差はあるとしても副反応が起こる可能性は高いのかと、憂鬱に感じていました。

回答:はい、若年ほど発熱や痛みなどの副反応が出る確率が多く、ほとんどの人が大なり小なりありますが、寝込むほどの人は少ない印象です。市販の解熱鎮痛剤がそれらを緩和させる効果あると言われています。

副反応の症状

質問:熱は上がりますか?痛みやだるさはありますか?あった場合、一時的なものですか?その後不調が続くことはありますか?

回答:放っておいても1~3日以内に治まります。一時的なもので、長く続くような体調不良はワクチンそのものではないですが、人によっては何か心身に負荷がかかるとそれがトリガーとなり体調不良となり、それが持続してしまう場合はあるかもしれません。

血液型による副反応の違い

質問:血液型によって副作用の違いはみられますか?AB型だと副作用出やすいですか?

回答:現時点ではそのような報告は無いです。

副反応が出た時の相談先

質問:もし副反応がでたときに相談できる連絡先とかありますか?

回答:あります。基本的には接種した医療機関、もしくは自治体の専用の連絡先、国の専用の連絡先、場合によっては発熱相談センターのようなところがあります。

子育て家庭

胎児への影響

質問:妊婦がワクチンを接種することでの胎児への影響はありますか?

回答:ないです。人でもマウスでもそのような報告はありません。妊婦が接種する場合は基本的にはかかりつけの主治医に相談して許可を得てから接種することが推奨されています。

産後の副反応

質問:副反応が無い場合もあるとは思いますが、産後で授乳中の為疲れやすく、ワクチン副作用も体調的に出やすいのかなあと不安があります

回答:体調によって副反応が出やすい、出にくいというのは無いと思われますが、産後で疲れやすい中で接種して副反応によりさらにだるくなることは予想されます。

子育て中(乳幼児)なのに、副反応で寝込んでしまわないか心配

質問:小さい子供達も居るので副反応で寝込んだらどう対応していけるんだろうと不安はあります。夫婦で同じ日に接種して、旦那さんも次の日は可能な限り仕事休んで貰う予定ではありますが、(夫婦どちらかでも動けたら良いかなと思って)2人とも動けなくなったらどうなるんだろうとは思います。なんとかなるかなと考えるようにしてるんですが、実際どうなんでしょうね。具体的に子供が居る人の接種した人の体験談とか聞きたいです。

回答:はい、子供がいる自分が接種しましたが、問題無かったです。イメージとして風邪のひき始めの少しだるい感じで、微熱が出る感じです。解熱鎮痛剤を飲みましたが、それによる効果かは不明ですが、半日後には普通の状態に戻っていました。特に、仕事や子育てができないほどのことはなかったです。多くの人が大したことが無かったと聞いています。ひどい副反応だった人の声の方が基本的には多く発信されますので、ひどいイメージが一人歩きをしていますが、実際は生活の制約が出るようなことに至るケースはまれです。

コロナ感染対策について

ウイルスが物に付着して感染する?

質問:スーパー等から買ってきたものにウイルスがついている可能性はありますか?その場合、
洗えるものは洗ってから使う
常温保存可能なものは、玄関先などに数日放置しておく
などの処置が必要でしょうか?
厚労省、国立感染症研究所が発表しているコロナ残存期間の期間分だけ、放置する必要がありますか?
「現時点で判明している新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の残存期間としては、エアロゾル では 3 時間まで、プラスチックやステンレスの表面では 72 時間まで、というものがある。 銅の表 面では 4 時間以降、段ボールの表面では 24 時間以降は生存が確認されなかった。(引用:国立感染症研究所 2021年6月30日改訂)」

回答:可能性はありますが、極めて稀なので、あまり気にしなくて良いと思います。最近はスーパーに入る時に手指消毒も、マスクもしており、あれこれ触らないようにもしていますので、食品に飛沫によってウイルスがついててそこからの接触感染するのは極めて稀なケースかと思います。
厚労省で発表されている通り、放置しておけばウイルスは自然消滅しますので、放置も1つの感染対策になるとは思います。
洗浄可能な野菜などの場合、程度は不明ですが、水洗いするだけでもある程度ウイルスは減少します。
過度な不安や、行きすぎた対策は自分の生活を窮屈にし得ますので、ほどほどが良いと思います。感染リスクが高いものへの対策をしっかりすることに専念するのもありかと思います。全て完全な対策をするのは不可能ですし。

帰宅時、シャワー直行は意味がある?

質問:ニュースで、帰宅時に玄関で洋服を脱ぎ、そのままシャワーへ直行している医療者の記事を見ました。一般の人が同様にしてもコロナ感染予防になりますか?

回答:そもそも、この習慣がコロナ感染予防になるのかどうかは検証されていないように思います。もし、感染予防に効果があるなら、一般の人でも同じかと思います。
テレビでは医療従事者の大変さやコロナの大変さを際立たせて報道しており、その習慣が感染予防に効果があることを伝えているのでなく、大変さを伝えている報道です。医療従事者の皆がそのような習慣を持って生活しているわけではないです。

Dr.白ふくろうさんおすすめ 信頼できるサイト

国内外の医師30人ほどが参加するプロジェクトサイト 「こびナビ」は新型コロナウイルス感染症や新型コロナウイルスワクチンに関する正確な情報を皆さんにお届けするプロジェクトです。

画像出典:こびナビ

*こびナビは先日、NHKにも取り上げられました。
『こびナビ』 ”信頼できる情報”を発信し続ける 医療者たちの挑戦
最新の研究をもとに、新型コロナウイルス感染症やワクチンに関する”科学的根拠のある情報”を届けようと取り組んでいます。

かなりわかってきた新型コロナワクチンー2021年6月までのエビデンス
100件以上の臨床研究からわかった現時点の最新知見をお届けします
ニホンプライマリ・ケア連合学会
予防医療健康増進委員会ワクチンチーム

最後にーRIOコメ

新型コロナワクチン接種の質問と回答、いかがでしたでしょうか?私自身、二回接種が終わっています。接種に不安あるかたが安心できるようにとおもい、この記事を掲載しました。
ワクチン接種を考える時の参考にぜひしていただければ嬉しく思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる