「大麻吸った」京都・小6児童 自宅を捜索、17歳兄を逮捕

745359c8

京都市の小学6年の男子児童が「大麻を吸った」と話していた問題で、「大麻は兄が持っていた」とも話したことから、警察は11日朝、児童の自宅を捜索し大麻草を押収、17歳の兄を逮捕しました。
 この問題は先月中旬、京都市内に住む小学6年の男子児童(12)が、担任の教諭に対し「大麻を吸ったことがある」と話したもので、学校が教育委員会と警察に通報していました。
引用:毎日放送

京都市内では10月、男子高校生4人が大麻で逮捕される事件が起きている。府警と市教委などは緊急対策会議を開き、対策を検討していたところで再び起きた大麻問題。

誰もが思うことだろうけれども、氷山の一角としか思えない大麻の問題。

私は過去に大麻をしていた人に会ったことがある。一度大麻に手を出すと、やめるというのは本当に大変なんだというのがよく分かった。

ほんの出来心なのかもしれない。でも、きっかけはどうあれ、大麻に手を出した後に一体どうなるのか。身も心も、大麻に汚染されるようなことになってほしくない。大麻よりもっと別のところに目が向くようになってほしい(><)

 

摂理ブログ箴言

人生は「毎日自分の生の運転」だ。
摂理の鄭明析牧師 明け方の御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる