53年ぶりに国産旅客機が初飛行

夢と情熱をのせた初飛行!

20151111-10233815-carview-000-1-view

三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日午前9時35分ごろ、愛知県営名古屋空港(同)から飛び立った。国産旅客機の初飛行は戦後初のプロペラ旅客機「YS-11」以来、53年ぶり。平成20年の事業化から7年以上かけて、ようやく初飛行にこぎ着けた。
 名古屋空港の滑走路では報道関係者約300人、航空関係者約100人が見守る中、白いスマートな機体がごう音とともに初めて空へ飛び立った。当日の名古屋空港の天候は晴れで、薄い雲が広がる中、MRJは無事離陸した。
引用:産経新聞

2014_03-02

出典:日本航空協会

100席未満程度の大きさのRJ(リージョナルジェット)は、開発費が大型の約10分の1と安く、燃費も良い。MRJに対する期待は大きく、既にANAを始め海外からの注文も数百、入っているという。

 

日本は技術大国なのに、なぜ国産旅客機は開発されなかったのだろうか?

日本の航空機産業の歴史は古く、戦前には「零戦」などの軍用機が開発・製造され、100万人規模の雇用の受け皿ともなった。しかし、敗戦で連合国軍総司令部(GHQ)によって生産が禁止。航空関係の技術者は自動車や鉄道などへの転身していった。

航空機生産の解禁後、官民で国産機の復活を目指したYS11の開発は、日本国内各国の企業が参加したプロジェクトであった。東京五輪(1964年)の聖火輸送にも使われ、「日の丸飛行機」復活の象徴ともなった。しかし赤字が続き、73年に生産を終了。

その後は国内各社が米ボーイングの機体の国際共同開発に取り組み、機体製造全体を主導する日本のメーカーは出なかった。(参考:毎日新聞)

 

692_5dwm4354

出典:TECH

MRJは国産ということもあって、漆塗りの客室仕切り板なども試作されている。これ、綺麗で風流でいい!!!

今後も日本の技術力、良さを生かし、国産旅客機が反映することを願う。

投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟

関連記事

  1. 日本の国防問題~取り囲む軍事大国~

  2. NASA「月は縮んでいる」どのくらい?

  3. 自己ベスト連発!!フィギュア女子SP

摂理ナビとは

摂理 キリスト教福音宣教会の公式・非公式問わず、発信しているポータルサイト。 「摂理の全てが分かる」リンク集・まとめも充実。

*当サイトに掲載されている全ては、著作権法によって保護されています。詳しくは当サイトの著作権についてをご一読ください。

摂理の概要

摂理はどのような宗教なのか?
摂理の概要はこちら

LINE

Blog更新情報お送りします!登録お気軽に!(^^♪
摂理の猫カフェLINE@

Taiwan Woman Soccer