世界歴代最高得点、300突破!羽生選手/男子フィギュア

羽生8
目次

次元が違う!300点突破!羽生結弦選手

「次元が違う」NHKアナウンサーは何度叫んだだろう。

男子フィギュアの世界、今まで誰も到達したことの無い歴史的な点数が出た。
フリーで200点超の、合計322.40点。人類未到達の次元に至ったとNHKの解説者は伝えた。

演技終了直後、ガッツポーズをする羽生選手。

 

無題

羽生結弦12

得点が発表された瞬間の驚きの表情。

 

羽生結弦11

今までのフリー最高得点は、2013年フランス杯・男子 パトリック・チャン選手の295.27点だった。

300点超をするだけでも凄いのに、余裕で300点を超えてしまった。 

点数発表直後のインタビューで羽生選手は
「この演技が出来たのは応援してくださった」

その言葉通り、何度も観客席に向かって感謝の言葉を伝えた。

「本当に苦しい練習だった。絶対にやってやると思ってやっていた。長野で行われたオリンピックを思いながら、(自分は)絶対王者だと言い聞かせながらやっていました。これ以上の演技が出来るように、更に進んでいきたいと思います」と話した。

4回転4つを全て決め、難しいジャンプ・コンビネーションも完全に決めた。まさに圧巻の演技だった。見ているものを感動させる演技だった。演技を見ながら、次元を上げるということはこういうことかと深く感じた。

「本当に本当に苦しかった練習」

しかし、羽生選手はそれを乗り越えた。

摂理の箴言

<悟った人>は雨風が吹き、吹雪が吹いても、
希望を持って何がなんでも「山」を越えていく。
分かっているからだ。目で見たからだ。
確認したからだ。

摂理の鄭明析牧師 明け方の御言葉より

 

私も自分自身の人生の次元を上げ、最高の頂に至りたい。必ず到達できると信じる。

 

また2位に入った中国 金博洋選手はまだ18歳。将来が期待される。そして3位には日本 無良崇人選手が入った。次のフィギュアでは更なる飛躍を、羽生選手をはじめとした日本選手達は見せてくれるものと期待する。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる