中毒死?カフェイン入り飲料を頻繁に飲んでいた男性

眠気覚ましをうたう、カフェイン入りの清涼飲料水を頻繁に飲んでいた、九州地方の20代の男性が、2015年、カフェイン中毒で死亡していたことがわかった。

福岡大学によると、カフェイン中毒で死亡した男性は、深夜に働く仕事をしていて、眠気覚ましのために、日常的にカフェイン入りの清涼飲料水や、錠剤を飲んでいた。大学が、警察からの依頼を受けて男性の遺体を解剖したところ、胃の内容物と血液から、高い濃度のカフェインが検出されたという。

厚生労働省は、「国内でのカフェイン中毒死は聞いたことがない」としていて、日常的な摂取でのカフェイン中毒による死亡は、国内初とみられている。

出典:Fuji News Network

カフェインの具体的な摂取量がどのくらいかは分からないですが、とり過ぎは本当に良くないですね・・・(><)仕事など寝ていられないような状況の時、ついカフェインに手が出そうなこともありますが(**)

産経BIZによると、エナジードリンクを大量に摂取していたという話が載っていました。エナジードリンクは、いわゆる栄養ドリンク。栄養ドリンクは本当にいざという時だけ飲むようにしたいですね。

年末はいろいろ忙しい時期ではありますが、どうか無理しすぎて体を壊すということがありませんように(><)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる