オーロラ 火の鳥が舞う“フェニックス”@アイスランド

オーロラ火の鳥“フェニックス”@アイスランド

オーロラは<極>の奇跡によって発生したもの

“太陽からの贈り物”とも言われる「オーロラ」。夜空に輝く光に魅せられた写真家、Hallgrimur P Helgasonさん(64)が捉えた写真は、不死鳥とも呼ばれる火の鳥“フェニックス”そのものだ。

「オーロラの光が紡ぎだす世界は不思議で飽きないよ。オーロラの活動が活発な時ほどおもしろい写真が撮れるんだ」

出典:出典:http://metro.co.uk(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュース、摂理ブロガーのブラボーさんが「テレビでやってました!」と教えてくれました。

オーロラがまるで火の鳥だとかなり話題になっているそうです。皆さんには何に見えますか?!

 

オーロラ、一度は生で見てみたいですね!

 

ところでオーロラってどのように作られるのでしょう?

オーロラは、太陽が放出している太陽風によってつくられます。太陽からプラズマ粒子(太陽風)が放出され、それが地球の極地の高層大気と衝突して発光します。一種の放電現象なのです。オーロラは、地上から100~500kmの高さで光っています。プラズマ粒子が大気中の原子や分子と衝突して発光するのがオーロラです。酸素原子とぶつかると白っぽいグリーンや赤色、窒素分子とぶつかると紫や青色になるというように、プラズマ粒子がどの原子や分子と衝突するかで色が変わります。
出典:JAXA 太陽のオーロラが地球のオーロラをつくる

つまり・・・地球だけでは作ることが出来ないということですね(それだけは分かった気がする)。
どんなに科学が進化しても、人間の力だけでこれが出来るようになるのはまず無理そうですね。

神様は私達に様々なプレゼントを下さいますが、オーロラも神様が下さった神秘のプレゼント。

 

太陽風が地球の極地の高層大気と衝突して発光し、オーロラとなる。

 

太陽風と地球が極地で出会い、それがオーロラという類まれなる美しい奇跡を生み出した。

 

この世では極致のことを表現するとき、「極め付けだ」と言う。 天の国では極致のことを表現するとき、どのようにするかと御子に尋ねた。 御子主は「それ以上はない。満ち足りている。完全だ」 と言うと悟らせてくださった。

<極>はこれ以上ない完全さをさすといいます。

 

<極>に至ったらどうなるのでしょう?

「<極>はオーロラのような唯一無二、奇跡の美しさを生み出す。」そんな風にこのオーロラを通して感じました。

 

私も、極に至る人生を生きたい。どうせ生きるなら。

 

極的にやってはじめて、御子の中で極的な生を生きるようになる。

極的にやってはじめて、御子の中で極的な生を生きるようになる。

 

いつも天の愛の極で生きなさい。

いつも天の愛の極で生きなさい。

 

神様のような深い愛の極で、オーロラのように輝いて生きていきたいです。

投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟
PAGE TOP