摂理猫を違う角度から見てみる

摂理猫は妃殿下だったのか

 

今日も摂理猫様はお元気でいらっしゃいます。

「殿っ!!」いや、メスなので「妃殿下」と呼ばせていただきます。

 

アングルによって、なんだか拝みたくなるような重厚感を感じます。

飼い主より先に寝ておられる摂理猫様

あら、こちらは可愛らしく見えます。

殿不在。

体が小さく見えなくもないです(いつも摂理メンバーに「でかっ」と言われるのに)。

角度によって受ける印象は異なりますねえ。

 

人間の「目の角度」によって同じ事物でも形態が違って見えるように、
心の目である「考えの角度」によって同じものでもさまざまに違って見え、
違って考えるようになる。

摂理の鄭明析牧師 明け方の箴言より

 

同じ摂理猫様を見ても違う印象を受けるように、自分がどう考えてるかで同じものを見ても違って見えるということですね。

心、考えを正しく持てるように続けて精進していきます。

 

「摂理猫はどこから見てもかわいいにゃ・・・むにゃむにゃ・・・」

寝言を言っておられるようですヽ(´∀`。)ノ

いつも応援click有難うございますヽ(´∀`。)ノ
クリックするとランキングに反映されますΣd(´∀`o) 2ポチお願いします☆

にほんブログ村

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる