月明洞訪問<番外編>摂理猫

摂理猫1

飼い主が月明洞に行ってるとき、摂理猫は近くに住んでる摂理メンバーのお宅におじゃまさせていただきました。

お宅に摂理猫をお届け。到着後、机の下になんとなく隠れてみた摂理猫さん。

 

おや?

既に、くつろいでいる?

摂理猫2

 

「このフワフワカーペットがいいにゃー☆ 摂理猫が大好きなAちゃん&Bちゃんのお宅だにゃー☆」

摂理猫3

 

飼い主のことは、どうやら瞬時にお忘れになられたようで

Aちゃんに可愛がってもらっている摂理猫さん。

摂理猫4

 

摂理猫5

 

摂理猫6

この後、飼い主が去ろうとするときも、特に「見送る」とか、着いてきちゃうとか、そういったことは一切ございませんでした(-ω-)

 

飼い主は大丈夫です。寂しくありません。着いた早々、飼い主のところには来ず、AちゃんとBちゃんにピッタリ寄り添ったとしても、寂しくありません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる