今日も あの日のようだ

筑波山 今日もあの日のようだ

御言葉を初めて聞いた日
18歳で まだ幼かった日

その御言葉は
今まで聞いた
どの言葉より

私の心に火を与え
幸せを与えた

時にはもがき
辛いこともあるけれども
御言葉は私の人生の根本であり
なくてはならないもの

私は御言葉に出会えて
本当に幸せだ

成長の度合いや状況環境は違うけれども
あの初めて御言葉を聞いた日

今日もあの日のようだ

あの日のように神様が続けて
御言葉で私を導いてくださっている

御言葉を通して自分を知り
御言葉を通して神様を知った

御言葉に出会う前から
私は神様をひたすら呼び続けた
呼んでいたら御言葉を通して私に神様が会いに来てくださった

今日もあの日のようだ
あの自分の心に火を受けた日のようだ

私の根本はやはり御言葉だ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる