時がずれていたら私は私でなかった

私が今のこの時代に生まれなかったら
全ての人との出会いは無かったことになる。

 

父と母との出会い。
家族や親戚との出会い。

 

学校の友達や先生。

 

会社の上司、先輩、同僚、後輩。

 

教会で出会う数万の人達。

 

時というのは本当に不思議なもの。

 

ちょっとでもずれると全ての出会いが無かったことになる。

 

私がこの世に生まれたことは、ほんの小さなことかもしれないけれども
でもこの世に、その瞬間、その時に生まれなかったならば
今まで出会ったたくさんの人たちに会えなかったかもしれない。

 

私がその時に生まれていないのであれば、私は私でなくなる。

 

神様が時を定め、母の胎内に命を宿らせ、そして生まれた。

 

生まれてからも神様が人を通して、家族を通してたくさん愛情を注いでくださり 今、ここに生きている。

 

私の生は私のものだけでなく、神様が下さったもの。
神様が時に合わせてくださったもの。

 

私は私の時以外を生きられないけれども、私が私の時に生まれて 私であることが
一体どれだけの祝福なのかと考えると
一生、感謝をささげても足りないんだな。

 

感謝を忘れる時は、全てを忘れてるとき。
視野が狭くなってるとき。

 

神様が今の時にあわせて私を産んでくださったことを感謝しよう。
永遠に主をほめたたえよう。

 

あなたたちは<時代>にも<時>にも恵まれた人たちだ
-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる