亡くなった人の為の祈りー40年の闘病生活を終えた叔父

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、叔父のお葬式があった。

 

叔父はリウマチで、20代のころから車椅子の生活をしていた。
私は歩いている叔父の姿を一度も見たことが無かった。

 

結婚はせず、叔父のことを親族がいろいろサポートしていた。

 

叔父のお葬式のときに、叔父の友人の方が若い頃の叔父の写真をもってきてくれた。
私は初めて見た。
まだ歩けていたころの叔父は、イケメンで芸術家だった。

 

家の関係で、お坊さんを目指していた叔父はお寺でいろいろ苦労したと聞いた。

 

他にもきっとやりたいことがいろいろあっただろう。
車椅子の生活で無ければ、今頃どこか違う国で暮らしていたかもしれない。
とても自由な人だった。
アジアを歴訪している叔父の姿は想像が出来る。

 

叔父は、お坊さんの道は歩めなくなり、その後は闘病生活を長くしていた。
その長さは約40年。

 

晩年は、心臓の手術をしたり、癌を患ったりした。
心臓の手術をした医者は
「これで生きているのが不思議なくらいだ」
といったそうだ。

 

今年の三月にお見舞いに行ったとき、叔父と二人で話した。
叔父はたくさん話し続け、最後に私にポツリと「ありがとう」と言っていた。

 

叔父に御言葉を話し、薬水も渡した。
毎朝、叔父のことを祈りつづけた。

 

最後は言われた余命の期間を通り越し、いつ亡くなってもおかしくない状況が数週間も続いた。

 

言い方を変えると、ここでも
「なぜ生きているのかが分からないくらい」
ということだったそうだ。
お医者さんも実際、そのようなことを言っていたそうだ。

 

お見舞いに行きながら「これが最後かもしれない」と何度も思った。

 

亡くなった叔父の表情は安らかだった。

 

どうか霊界では病気は全てなくなり、自由に走り回ってほしい。

 

亡くなった人に
「天国から見守っていてください」
という言葉を伝えることがあるが、
よく考えると、叔父のように生きているときに物凄く苦労した人に対し
亡くなってからも「見守ってください」というのは少々言いづらい。

 

人を見守るというのは現実的に考えた時に、非常に大変なこと。
生きてる時でさえ、誰かを見守るって大変なのに。

 

それよりは叔父は自分の霊魂の救いの為に、いそしんでほしいと思う。
そして霊界を自分の足で、主と共に歩んでほしいと思う。

 

私は摂理に来て良かった、御言葉を聞いて良かったと思うことの一つに
「亡くなった人の為の祈り」
を知れたことがある。

 

私は少なくとも摂理に来るまで、亡くなった人の為に祈ることができることを知らなかった。
前述のとおり、見守っていてくださいとか、亡くなったあとすぐに無事に成仏できますようにとか、そういうことしか知らなかった。

 

その霊魂が
霊界で持続的に御言葉を学んで
悟れるように祈ってあげなさい。
-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

 

ふたりが言った、「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます」
新約聖書 使徒行伝16章31節

 

叔父の中で、変えたほうがもっと輝けるところがあれば
霊界で治せることができるようにしてください。

 

叔父が最後に御言葉を少しでも聞けたこと、薬水を飲めたことを感謝します。
叔父の闘病生活40年、それより前からも共にしてくださっていた主に心から感謝します。

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP