疲労回復の方法には二種類ある

疲労回復、忙しい人ほど課題の一つ。

 

この疲労回復には二種類あります。

 

余計に疲れる方法

疲労がとれる方法

 

やってみたから分かります(笑)

そうじゃないでしょうか。

 

余計に疲れる方法とは、根本解決になっていない方法。

かたや疲労がとれる方法とは、根本解決ができている方法。

 

以前、摂理の御言葉でこのような詩が紹介されていました。
疲れをとる主の方法です。

 

<主の方法>

一日の仕事を
一時(いっとき)でも
すっきりとら
早くやって
残った時間
休もうと
仕事にのめり込んで
無我夢中で
やり終えてから
座って休むが
ついに
疲れて
寝て
しまった。

不憫で
主がおっしゃるには
初めから終わりまで
仕事の主人
主と共にほのぼのと
愛の話
話しながら
過程の中で
休めば
一日中
疲れることも
なく
疲労も
感じず
人生の生が
つらく
ない。

主と共に
知恵を持って
主式に
やっていたら
心の荷にも
体の荷にも
ならず
自ら
転がって行って
易しくでき
早く終わって

歴史の経緯
毎日のように
書いておいて
みんなに
読ませて
感動を受け
彼らも
そのように
するようになる。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる