同じ話を聞いても感想が違う理由

ある話を聞いても、感想が違うことはよくありますよね。

 

その理由の一つに、本人がやったことがない、関わったことが無い、元々関心が無い
というのも大きな理由の一つです。

 

話を聞くとき、聞く側の準備も必要と言われるのはなぜでしょう。

 

サッカーの話をしても、サッカー経験者が思うことと、一度もボールに触ったことありませんと言う人と
感想に差があるのは当たり前です。

 

もちろん話す側も、誰が聞くかで話の仕方や内容をアレンジする必要があります。

 

ですが、もし聞く側の最大限の準備があったら
その受け止め方も大きな違いが出てきます。

 

話を聞くことが多い私ですが、私自身もしっかりと準備してその場に臨もうと思います。

 

私達の前にはいろんなものが来ています、向かって来ています。それを迎えるためには準備をしなければなりません。
愛の機知より 主日の御言葉 2008-02-10

投稿者プロフィール

RIO
RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP